FC2ブログ

空と星と私達

≫捧げ文

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VOCALOIDとお留守番 (1/4)

「…かんづめですか?」
『ごめんなさいね。ちょっと先方からリテイクが出されてね、このままだと締め切りに間に合いそうにないのよ』

上司から申し訳なさそうな声が痛々しく伝わってくる。どうやら先方に提出した曲のイメージが合わなかったらしい。

「…わかりました。すぐに準備して、そちらに向かいますから」
『本当ごめんなさい。せっかくのメイコちゃんとのイチャイチャを邪魔しちゃって』
「部長、そっちの心配はしなくていいですから、仕事の方の心配をしてください」

上司がこんな冗談を言えるくらいだ。多分、なんとかなるだろう。
そんなことを考えながら、いづるは深くため息を吐いて受話器を置くと自分の部屋に入り、数日分の着替えと愛用のギターを取り出して、出発する準備を始める。

「マスター、どうしたんですか?」

そこへミクがやってきて不思議そうな表情で聞いてきたので、いづるは荷造りを中断して一息吐く。それからミクの頭を撫でて質問に答えようと口を開いた。

「…どうも、これから十曲程作らないといけないらしいのよ。それで締め切りも近いから、ちょっと空き部屋を借りて集中的に曲作りをしないといけないみたいなの」

荷造りも終わり再びため息を吐くと、いづるは名残惜しそうにミクの頭から手を離した。そんないづるをミクはぱちくりと瞳を瞬かせながら見つめていく。

「メイコはリビングにいるはずよね?ミク、大事なお話があるからリビングに行っててほしいの。もしメイコがいなかったら呼んできて」
「分かりました」

そうしてミクは元気よく駆け出していく。それからリビングに全員集まったところで、いづるはこれから出掛ける旨を伝えた。

「…お留守番……ですか?」

さすがに二人を連れていくわけにもいかず、いづるは仕方なく淡々と告げていく。当然、ミクもメイコも黙っているはずもなく、不満顔で文句をたれていた。

「マスター!お願いですから連れてってください!」
「そうですよ!マスターがいなくなったら、いつマスターの胸を揉んだらいいんですか!?」

とはいえ、二人の予想通りの反応に、…特にメイコの反応にいづるは頭を押さえてしまう。
多少ならずではあるが、家での作業中にこうしてメイコがちょっかいをかけてきたのも原因の一つである。

「…メイコ、メイコがところかまわず私の胸を揉んでくるからこういうことになったんでしょう?」
「…う゛」

そう言われてはさすがのメイコもぐうの音も出ない。そんなこんなで不承不承ながらも二人は納得して、お留守番を任されることになる。
そして、いよいよいづるが出掛ける時が迫ってきていた。

「それじゃ出掛けるから、留守番よろしくね。それからメイコ、ミクに変なことを教えないように」
「…マスター、ひどい」
「はいはい、それじゃいってきます」

出掛ける間際にメイコとミクをそれぞれ抱き締めて、いづるは外へと向かっていく。
残された二人はいづるが出掛けるのをずっと見送り続けていた。

「…メイコさん」
「どうしたの、ミク?」

いづるが出掛けてどれほどの時間が過ぎていったのかわからないが、ミクは唐突に沈黙を振り払うように口を開いた。

「…お留守番ってどうすればいいんでしょう?」

今まではいづるが出掛けることはあっても、丸一日以上家を空けることはなかったので、ミクは何をすればいいのかわからない。多少のことはいづるやメイコに教わっていたが、それでも戸惑ってしまうのだろう。

「…ミク」

そういえば、いづるが留守の間はよくメイコ自身についていって真似事をしていたということをメイコは思い出す。
お風呂に入ることを教えたのもメイコだ。この際、ミクにいろいろと教えるのも悪くない。

「よし!いい機会だから、私が人間の世界をいろいろと教えてあげるわ」

メイコの宣言にミクはぱちくりと目を瞬かせて、まじまじとメイコのことを見つめてくる。メイコの瞳の奥底に妖しげな光が浮かんでいるがミクに気づく様子はない。

「…いいんですか、メイコさん?
あ、でも、そういえばマスターはメイコさんには教えてもらったらいけないって…」

出掛ける前にいづるに言われた事を思い出す。思い出した事を口にしてミクは戸惑いの表情をみせるが、メイコが気にしている様子は無さそうだ。

「大丈夫!私を信じなさい。ちゃんとミクに人間の常識を教えてあげるから」

メイコから出てくる自信は実はまったく根拠がない。そんなメイコに圧されてミクは目を丸くしたまま動かないでいる。
しかし、それも長くはなくメイコのまっすぐな視線に、気がつけばミクは首を縦にふっていた。
スポンサーサイト

VOCALOIDとお留守番 (2/4)

「そう、そこは力強くこねるように揉んで…」
「…こうですか?」

メイコに言われたようにミクは手に力を込めて、それを揉んでいく。慣れない手つきながら、ミクは一所懸命に力を込めていた。

「んっ、そうよ。ミク、なかなか上手ね」
「えへへ…、メイコさんに褒められちゃいました」

ミクの嬉しそうな表情に、メイコは穏やかに微笑んでミクの頭をそっと撫でている。メイコに褒められたことで、ミクの表情はますます緩んでいくばかりだ。

「これならマスターも喜ぶかもしれませんね」

揉みしだく手を緩めずに、ミクはマスターの喜ぶ顔を思い浮かべて作業を続けていく。真面目に頑張っているミクを見て、メイコは優しい眼差しで見守っていた。

「…ええ、そうね。マスターの喜ぶ顔が楽しみだわ」

ミクの頭から手を放して、メイコは実に楽しそうに笑っている。ミクの学習していく様子が楽しくて、メイコはついつい手取り足取り親切丁寧に教えていた。
…それから数時間後のこと。

「…それじゃ、出来た生地をレンジに入れればいいんですね?」

ミクはそう言うと冷蔵庫で寝かせていた生地を型に入れ、レンジの中に放り込む。そのままスイッチを押すと、レンジは静かに動き出した。

「これでよしと、後は焼き上がるのを待つだけね」

メイコの言葉にミクはコクコクと頷いて、焼き上がるのを楽しみに待っている。手始めにとメイコはミクにパンの作り方を教えていた。
こうやってパンを焼くことになったのは、始めは料理を作ろうと二人が好きなものを作ろうとしていた。
それはいいのだが、ミクのネギ丼とかメイコのアサリの酒蒸しなどのおつまみになってしまい、さすがにこれは偏りすぎだ。
そんなわけで、いくらなんでもいづるは喜ばないだろうと無難にパンを選んだということである。

「やっぱりメイコさんはすごいです。わたしの出来ないことがたくさん出来て、とてもうらやましいです」

ミクは目を輝かせてメイコを見つめてきていた。これにはメイコも狼狽えてしまう。
そのくらいミクの眼差しは純粋で真剣なものであった。

「そ、そんなことないわよ。私だってマスターにいろいろと教えてもらったわけだし」

そんなミクにあくまで謙遜するメイコだが、ミクの尊敬する眼差しは変わらない。むしろ、瞳の輝きは増していくばかりだ。

「そうなんですか?でも、メイコさんの教え方はすごく分かりやすかったですよ。おかげでパンをこねられましたし」

ミクの素直な感想にメイコは思わず戸惑ってしまう。正直のところ、まさかあんなアドバイスがここまで伝わるとはまったく思っていなかった。
そんなメイコに構わず、ミクはさらに言葉を続けてくる。

「マスターの胸を優しく包むように、そして包み込んだらゆっくりと揉みしだくみたいに力を入れてという表現はとても分かりやすかったです」

ミクの屈託のない純粋な表情に、メイコは内心冷や汗を垂らしていた。マスターであるいづるには変なことを教えるなと口を酸っぱくして言われたばかりである。

「さすがにマスターにばれたらどやされるかしら?」

いづるがこのことを知ったらどうなるだろうとメイコは想像する。
二時間説教されるのか、それとも一週間口を聞いてもらえないのか、考えるだけで恐ろしいものを感じるが、メイコに落ち込んだ様子は見られない。
むしろ、強気に唇を歪めているあたり、楽しんでいるように感じられた。

「メイコさん、ずいぶん楽しそうですね?」

そんなメイコの様子を見て、ミクは嬉しそうに尋ねてくる。メイコは勝気に笑って、とりあえず休憩がてらにビールを一缶開けると饒舌に語りはじめてきた。

「まあね、拗ねたマスターをどうやってなだめるか考えるだけで楽しいもの」
「…マスター、拗ねちゃうんですか?」

何のことだかさっぱり分からず、ミクは不思議そうに見つめてくる。いづるの拗ねている姿が想像出来ないのがなんだか歯痒い。
そうやって顔をしかめたりして、ころころと表情を変えていくミクの様子がおかしくて、メイコはからからと笑っていた。

「マスターはけっこう真面目すぎるところがあるからね」
「え…と、またなにかまずいことを覚えちゃいましたか?」

メイコの言いたいことをなんとなく察して、ミクはあわあわと口を広げている。

「平気よ。ああやって怒るのもマスターの愛嬌ですもの」

メイコはミクを落ち着かせようとふんわりと優しく微笑んでいた。その表情にミクは安心したのか頬を緩ませている。
そして、マスターのことをすらすらと話すメイコのことをうらやましい視線で見つめていた。

「なんかメイコさんがうらやましいです。わたしの知らないマスターをたくさん知っていて…、わたしはマスターのことをもっと知りたいです」

ミクの寂しげな表情にメイコは持っていたビールの缶を一気に空にする。そして、にんまりと悪戯っぽいを浮かべて笑いかけてきた。

VOCALOIDとお留守番 (3/4)

「それなら、今日はいろいろとマスターのことをしゃべるわね」
「ホントですか!?」

メイコの宣言を聞いて、ミクは子供のように無邪気に身を乗り出してくる。
純粋にまじまじと見つめてくるミクに、メイコは少しだけ圧され気味であったけれど、すぐにミクの頭に手を置いて、それから機嫌よくもう一つビールの缶を開けた。
そのまま勢いよくビールを喉に流し込み、ぷはあっと豪快に息を吐く。

「…といっても、私もマスターの知らないところはたくさんあるけどね。あんまりミクの期待してた話は聞けないかもしれないわよ?」

そんなことを言ったものの、それでもミクは興奮冷めやらずに何度も首を縦に振っている。まるで子犬のような仕草に、機嫌よくにやけてしまうのも無理はない話だ。

「はい!メイコさんのマスターのお話、いっぱいいっぱい聞きたいです!」

期待を込められた眼差しに、メイコはご機嫌な様子でビールをもう一缶開けてしまう。調子もかなり上向いてきたところで、メイコはいづるのことを語り始めていた。

「マスターの一番可愛らしいところはね、怒ったあとに優しく包み込んでくれるところね」
「えーっ、そうなんですか?」

いづるとメイコの日常の一コマといったような話をミクはじっとしたまま聞き入っている。
あまりに楽しそうに聞いてくれるものだから、メイコもついついおしゃべりに力を入れていた。と、その前にビールを一口含んでいく。

「始めはずっと剥れているだけなんだけどね。それでマスターの機嫌が直った時の表情は思わず抱き締めたくなっちゃうのよ」
「そうなんですか…、一度見てみたいです…」

そうため息混じりに呟きながら、ミクはより強く羨望を込めた眼差しでメイコに見入っている。今まで知らなかったいづるの話は新鮮で、それだけでメイコのことをうらやましく思っていた。
そんなミクの顔を見て、メイコはなにやらまじまじと思案顔でビールの空き缶をいじり出す。その様子は近所でも評判のいたずらっ子を彷彿させていた。
やがて、なにかを思いついたかのようににんまりと笑みを浮かべて、メイコはミクの下に歩み寄ると、ミクの耳元でなにやら囁き始める。

「それなら、こういうのはどうかしら?」

おそらく、いづるが見ていたら立派な角と羽と尻尾が見えたというくらいに、メイコは実に楽しそうに悪戯っぽく笑っていた。

VOCALOIDとお留守番 (4/4)

「ただいまー」

仕事も無事に終わり、かんづめからやっとのことで解放されて、いづるは機嫌よく家の中へと入っていく。
メイコとミクの顔を見るのが待ち遠しいらしく、表情が緩んでしまうのも仕方ないことだ。

「メイコ、ミク。ちゃんと留守番できたかしら?」

少し不安に駆られながらもリビングの扉を開けると、いい香りが鼻孔をくすぐってくる。ちょうど二人はパンを焼いている真っ最中だった。

「あ、おかえりなさいマスター。ちょうどマスターのためにパン作りの練習をしていたんですよ」

そう応えたミクの手には焼き上がったばかりのパンが香ばしい香りを放っている。

「へぇ、それでパンを焼いてたというわけ」

その後、いづるは疲れを癒すためにテーブル腰を下ろし、差し出されたパンをおいしそうに齧りながら、ミクの話を聞いていた。料理を覚えようと始めたいきさつを聞いて、いづるはほっとした表情になる。
ちゃんと二人が留守番を出来ていたことが嬉しくて、いづるの中で感謝とかいろいろな感情が混ざり合って、音として溢れだしてくる。
曲作りは終わったはずなのに、またメイコやミクのために曲を作りたくなってきた。よく言われる別腹というものだろうか。

「ありがとね、二人とも。それにしても、このパン美味しいわね。なにかコツでもあるのかしら?」

この時、いづるはメイコはおろかミクの目も妖しく光っていることにいづるは気がつかなかった。後に、いづるはこの時のことを迂闊だったと話している。

「それはですね…」

ミクは急に立ち上がり、いづるの元へ近づいていく。瞳の奥の妖しい輝きに気付いていないのか、まったく警戒していないみたいで、ミクはあっさりといづるのすぐ側に来ることが出来た。

「それは…、こうして覚えたんです」

言うやいなや、ミクはいづるの胸に手を伸ばす。そしてそのままミクはメイコに教えてもらったパンを捏ねる要領でいづるの胸を揉みくだしていた。
不意をつかれたのか、いづるは表情を思いきり固まらせている。

「マスターの胸を優しく包み込んで、それから…」

なにやらミクはいろいろと呟いているが、いづるの耳には届かない。いづるは顔を怒りなのか恥ずかしさなのかは分からないが、真っ赤にしたままわなわなと震えていた。



「メ イ コ !!」

いづるはしばらくの間感情を押し殺すように黙っていたが、やがて辺りを吹き飛ばすかのようないづるの大声が家中に響き渡る。

「メイコ!今日という今日は許さないから、そこに座りなさい!!」

いづるは怒りで完全に目を据わらせてメイコを睨み付けていた。
しかし、メイコはまったく動じた様子は見られない。おまけに嬉々とした表情でいづるの元へ歩み寄っていき、勢いのままいづるを思いきり抱き締める。
これにはさすがのいづるも動揺してしまう。

「マスター!」
「ちょ、ちょっとメイコ!?私は本気で怒っているんだからね!」

不意打ちとはいえ、いきなりの出来事にいづるは怒りの矛先を見失ってしまいそうになるが、それでもなかなか怒りは収まりそうにない。

「わかってますよマスター。でも、私もミクも寂しかったんですよ。
だからこうしてマスター分を補給しているんです」
「マスター!」

そのままの勢いでミクもまたメイコに負けじと抱きついてきた。
あまりにストレートな感情の表現にいづるは複雑な気持ちで二人を見つめてしまう。心の中のもやもやはいつの間にか薄らいでいた。

「…ああもう!許すのは今回だけだからね!」

結局、二人に押しきられた形になってしまい、いづるの怒りもどこへやらと険しい表情も穏やかになってきている。多少なりとも諦めの表情は混じっていたが。
それから、メイコとミクはお互いに目で合図をすると、抱きつく手に力を込めた。

『マスターも抱き締めてくれなきゃイヤです!』
「はいはい」

二人の言葉にいづるは苦笑いを浮かべながらも、それぞれゆっくりと抱き締める。
メイコとミクに幸せに満ちた笑顔で迎えられて、改めていづるは自分の家に帰ってきたことを実感していた。
この時、いづるの表情から自然と笑みがこぼれてしまう。その表情を見つめながら、メイコとミクは顔を見合わせると、ニカッと笑っていた。

「ね?とっても魅力的な表情でしょ?」
「はい、マスターとっても可愛いです」

そのまま、メイコとミクは誇らしげにいづるを見続けている。いづるは恥ずかしそうに視線を外しながらも、しっかりとメイコとミクを抱き締めていた。
こうして、いづる家の騒がしい日々がまたゆっくりと動き出していく。いづるはこうして温もりを感じられることに幸せに思っていた。









終わり

VOCALOIDと思い出話 (1/6)

「もしもし?あ、母さん?
ええ、元気よ。私もメイコもミクも。それとこの前話したルカも、そっちは?
そう、みんな元気にしてるのね?
よかった…。それじゃ、うらら達によろしくね」

母からの電話を終えて、私は受話器を置くとミクが不思議そうに私の下へ歩み寄ってきた。

「マスター、今の電話はどちら様だったんですか?」

どうやら私の電話の相手が気になったらしく、興味津々といった表情をしている。私は頬を少し緩めて、話し相手のことについて語ることにした。

「私の母、つまり実家ね。前に妹のうららと会ったことは覚えているでしょう?」

ミクは素直に頷いてきて、私の話に耳を傾けてくれる。曇りひとつない無邪気な笑顔がなんとも心地よい。

「はい、あの後リンちゃんやうららさんと仲良くなれました」

まあ、私は大変だったけど、ミクの楽しそうな表情を見ることができてなによりだ。そんな中、ミクに近づいてくる人影が一つ。

「…リンちゃんって誰ですか?」
「ひゃあっ!?」

ミクの後ろから恨めしそうにルカが現れて、そのままミクに抱きついていく。
どうやら、リンのことでやきもちをやいているらしく、私はついついクスッと微笑んでしまった。

「私の妹と一緒に住んでいるボーカロイドよ。そういえば、メイコも実家から来たんだっけ」

途中までリンの話だったのに、メイコの名前が出たとたんにピタリと騒ぎが止まる。メイコがとても慕われているのだろうと、私はうらやましく感じた。

「その割にはメイコさんがマスターの実家の話をされたのを聞いたことがないんですけど?」
「まあ、メイコは眠ったままここまで送られてきたからね」

不思議そうにしているミクに私は頭を撫でながら答えてみる。あの頃の記憶が蘇ってきて、つい遠い目で思い出に耽ってしまった。

「…あの、前にも言いましたけど、メイコさんが来た頃のお話を聞いてみたいです」

ルカもミクもメイコとの話を聞きたいと、真面目に私を見つめてくる。私はメイコとの出会いを思い出すと、懐かしく感じると共に、胸の辺りが温かくなってきた。
今日は時間もたっぷりとあるし、話しても大丈夫だろうか。

「別に、あんまり面白くないわよ?」

一応、断りを入れてみたけれど、それでも二人は興味津々といった表情で瞳を輝かせていた。

「はい!メイコさんとのお話聞かせてください!」
「…マスターのお話にとても興味があります」

二人とも椅子に腰かけて、ものすごく楽しそうに私が話すことを待っている。
二人にまじまじと見つめられてなんだか気恥ずかしい。

「なんか…、緊張するわね」

私は二人の向かい側に腰かけて、何から話そうか思案する。とりあえず、メイコの表情を思い浮かべながら、私は話すことにした。

VOCALOIDと思い出話 (2/6)

突然送られてきた大きな荷物、中身を見ることはできないけれど、人一人が入るには充分じゃないかという大きさに私は途方に暮れていた。
宛先は実家からで何事かと思い、とりあえず受話器を取って番号を押してみる。

「もしもし、母さん?
え?うん。荷物ちゃんと届いてるけど、…ボーカロイド?」

ボーカロイド。歌うことを目的として開発された存在。開発が発表されてから世界中の注目を集めていた。今、世界の名だたる企業がこぞって開発に勤しんでいるらしい。
一応、ニュースでボーカロイドのプロトタイプが開発されたと聞いていたので、ある程度のことは知っていた。
そして、受話器の向こうから聞こえてきた母の声が、私に荷物の中身を知らされることになる。

「メイコとカイトのモニターをすることなった!?」

母の言葉によると、とある企業で開発されたメイコとカイトに歌わせるために父のところにモニターの話が回ってきたらしい。
実家は全員音楽業界に身を置いているし、ボーカロイドにとっていい環境だというのが理由だそうだ。そして、私の勉強になるだろうとメイコを送ってきたということだった。

「…わかったわ。とりあえず、父さんにあんまりはしゃぎ過ぎないでって言っといて。
どうせ父さんのことだから、張り切って曲を書きまくっているんでしょ?」

受話器の向こうから、母の笑い声が聞こえるあたり図星といったところだろうか。まったく、父が新しいおもちゃを手に入れた子供のようにはしゃいでいる姿が目に浮かぶようで困る。
私はため息を吐いて「それじゃ」と受話器を置くと、早速メイコの顔を拝もうと荷物を開けていった。

「…綺麗」

整った顔立ち、張りのあるプロポーション。端から見れば人間と見紛う程の美貌。その姿に思わずメイコに見とれてしまい、私はしばらくの間、ずっと見つめていた。
やがて、荷物を開けたことが起動スイッチとなっていたのか、メイコはゆっくりと目を開けていく。
そのまま覗き込んでいる私と目が合ってしまい、私達はついつい見つめ合ってしまった。メイコは目をぱちくりと瞬かせてまま動かない。しばらくこのままでいたが、そう長くは続かずにそれまで止まっていた時間を再び動かし出すようにメイコが口を開いてきた。

「おはようございます。貴女が私のマスターになられる方ですか?」

これが私とメイコの初めての邂逅だった。
私はどうしたものかと考え込む素振りをしながら、起動したばかりのメイコを見やる。張りの良い大人の体つきをしているものの、表情は子供のように無垢で幼く、まだ生まれたばかりの赤子を思わせた。
ここまで来たらやるしかない。そう腹をくくると真っ直ぐにメイコと視線を交わしていた。

「まあ、そういうことになるのかしら?
私はいづる。これからメイコ、貴女のために曲を書くからよろしく頼むわね」

私は簡潔に自己紹介をして、メイコに微笑みかける。メイコは素直に首を縦に振ると、そのまま私の手を包み込むように握り締めてきた。

「はい!よろしくお願いします、いづるさん!」

満面の笑みを浮かべてメイコは挨拶を返してくれる。私は少しだけ見とれてしまったけれど、顔には出さないようにと大きく息を吸い込んだ。
今思えば、出会ったこの時から少しずつ惹かれていったのかもしれない。

「ええ、これからが楽しみね」

こうしてひとつ屋根の下、二人で過ごす日々が始まろうとしている。

「でも、その前に…」

私は腕を捲ると、家財道具一式を整理していく。家族が増えたものだから、模様替えをしようと張り切って体を動かしていく私がいた。

「わたしも手伝います」

メイコもそう言って私を手伝ってくれる。
結局、その日は一日中家の模様替えをすることになり、朝を迎えた頃にはメイコと二人でベッドにぐったりと横になっていた。

VOCALOIDと思い出話 (3/6)

そして一週間が過ぎた頃、私は特に曲も作らず、メイコに一般常識や料理といった生活の知識ばかりを教えていた。

「あの…、いづるさん。わたしはいつになったらいづるさんの曲を歌わせていただけるんですか?」

さすがに自分の曲のレッスンを始めない私に不安を覚えたのか、メイコはおずおずと聞いてくる。
私は無理もないかと思いつつも、まだ歌わせるつもりはないと口を開いた。

「ごめんね、まだメイコのための曲は出来てないの」
「そうですか…。わたしは早くいづるさんの歌を歌いたいんですけど…」

なんとなく焦っている声音でメイコはうなだれている。
そりゃ、メイコがやってきて一週間。レッスン用の曲は歌っているけど、私の曲は一切歌っていないから焦ったりもするだろう。ボーカロイドとしてストレスも溜まるはずだ。
けれど、それは理由があるわけで、メイコを安心させるために私は説明することにした。

「焦らないで。私の歌を歌わせないのはちゃんと理由があるから」
「でも…、私は早くいづるさんの歌を歌いたいんです」

メイコは焦るばかりで目の焦点が合っていない。
これ以上はメイコの負担が大きくなる。
そう考えると、私はメイコの肩を掴んで正面から向き合い、まっすぐに視線を合わせていた。

「メイコ、貴女は歌手になりたいの?
それとも、歌を歌いたいの?」
「…え?」

言っている意味がわからなかったのか、メイコは目を瞬かせて呆けた表情をしている。
私は自分の想いをなんとか伝えたくて、言葉にしようと頭をひねっていた。

「私はメイコ、貴女のためだけの曲を作りたいの。プロデューサーとしてではなく、純粋に貴女だけに歌ってほしい曲を。
だから、貴女のことをもっと知りたいのよ」

私の言葉が届いたのだろうか、メイコは私の目をじっと見るばかりで動かない。

「私がメイコに歌以外のいろいろなことを教えたりしている理由はこれなの。
だから、分かってとは言わないけれど、理由だけは知っていてほしいわ」

とりあえず、私の説明はこれで終わりと打ち切って、私はメイコを見やる。
メイコもまた真剣に見つめ返してきて、じっと私と視線を合わせてくれていた。

「いづるさん…。いえ、マスター。わたしもマスターのために歌いたいです。
だから、マスターのことをいろいろ教えてください」
「ええ、よろしくねメイコ」

その時の希望に満ちたメイコの笑顔は私にはとてもまぶしく感じられた。
そんなやり取りがあり、一月の月日を経て、私はメイコに初めての曲を送ることになる。
初めて曲を送った時のメイコのなんとも言えない嬉しそうな表情は今でもくっきりと目に焼き付いている。初めて一緒に歌ったあの幸せな時間は忘れることはできない。

VOCALOIDと思い出話 (4/6)

そして、メイコに曲を書き始めてからしばらく経ってからのこと。

「マスター!」

私との生活にもようやく慣れてくれたらしく、メイコは機嫌良く私の下へ駆け寄ってくる。
まるで子犬になつかれていりみたいでなんだかくすぐったい。

「どうしたの、メイコ。ずいぶんと機嫌が良さそうじゃない?」
「はい!初めて他の方から拍手をいただいたんです」

それはメイコのために書いてた曲で、その内のいくつか上司が選んでくれた良さそうなものを公開していた。
もちろん反応を貰うことは難しく、やっと良い反応をもらうことができて、私達は素直に喜ぶ。
それまでは試しに上司に聞かせてみては、厳しい言葉やそれに伴うアドバイスをもらっていた。そんな時はよくメイコと近くの公園で練習したり、慰め合ったりしていたものだ。
そして、何曲も何曲も作り上げた後、やっと上司が「いいんじゃないかしら?」と判を押してもらうことが出来た。そうして太鼓判を押してくれた曲を公開していた訳だけれど、こうして拍手をもらうまではとても不安だった。

「ありがとう、メイコのおかげよ」

自然とメイコへの感謝の言葉が出てきて、私はゆっくりと微笑みかける。
メイコは急に表情を赤らめて、慌てたように手を振ってきた。その仕草がとても可愛くて、なおさら頬が緩んでいくのを実感してしまう。

「そんな…、すごいのはマスターの方です!
わたしはただマスターの書いた曲の通りに歌っただけですから!」
「そんなことないわよ。ちゃんと声に力がこもっているし、張りも伸びもあったわ。間違いなくメイコの力よ」

顔をさっきよりも真っ赤にして思いきり照れているメイコが可愛らしくて、私はクスッと笑い声を上げてしまう。
笑い声が追い打ちになったのか、ますますメイコは顔が赤くなっていき、気づけば頭から湯気が出てきそうと思わせる程になっていた。

「…たとえそうだとしても、すごいのはマスターだと思います。わたしはただ、マスターのことを想って歌いました。マスターがわたしに力をくれたんです」

メイコの言い放ってきたセリフに、顔の表面がみるみる熱くなっていくのを自覚してしまう。屈託のないメイコの笑顔に、私は胸の鼓動が激しくなっていた。
…どうしてだろう、メイコに褒められただけなのに胸がとても熱く感じるのは。


「…その、ありがと。なんかメイコに褒められたことが一番嬉しいわね」
「はい。わたしもマスターに褒められることがなによりも嬉しいです」

この時、自分の胸の中に生まれた温かい感情がどんどん膨らんでいくように感じてしまう。
気がつけば、私は力強くメイコを抱き締めていた。「えっ」とメイコの驚きの声が聞こえたが構わず抱き締めていく。

「ありがと、本当にありがとね、メイコ」
「…マスター」

震え出した身体を落ち着かせようと、私はメイコとひとつに溶け込んでいくように優しく抱き締めていく。メイコに私の鼓動が聞こえても構わないくらい密着していくと、メイコもまた私から離れないように抱き締めてくれた。
やがて身体の震えも止まり、私はメイコを放してお互いに見つめ合う。

「メイコ…。目が潤んでいるわよ」
「マスターこそ涙が溢れそうになってますよ」

なんとなく、私達の心がひとつに溶け合ったような気がして、私達は笑い合っていた。
…しばらくして、私は何かを思いついたようにゆっくりと口を開いていく。

「…そうだ。拍手をもらった記念にメイコにご褒美をあげようか。メイコ、私に出来ることならなんでも言っていいわよ」

私の言葉にメイコはきょとんと目を瞬かせていた。けれど、しばらくするとおずおずとその事を告げてきてくれる。
私は笑顔で応じると、早速メイコの手を引いていき行動を開始していた。

VOCALOIDと思い出話 (5/6)

「一緒のベッドで眠りたいなんて、本当にそれだけでよかったの?」

寄り添うように同じ布団にくるまって、私達はお互いに見つめ合っていた。メイコはあの時、「マスターと一緒に眠りたい」と言ってきただけだった。もっといろんなことを言ってくれてもよかったのに…。
しかし、メイコはただ嬉しそうに頷いて、ふんわりと微笑んでくれる。

「はい、今まではずっとカプセルの中で一人で眠っていましたから。近くにカイト君はいたんですけど、なんとなく無機的なあの部屋では実感はなかったですね。
だから、こうしてマスターの温もりを感じることが嬉しいんです」

可愛い。ぎゅうっと胸を締め付けられて、私はメイコの手を包み込むように握ると、そっとお互いの胸に添えるように手のひらをあてがう。
メイコの胸の鼓動が心地よく感じることができて、私はゆっくりと微笑んだ。

「大丈夫よ。こうしてお互いに胸の鼓動を感じることができるでしょう?
メイコはもう一人じゃない。私も一人じゃない。私達はちゃんとこうして触れ合うことができる。だから、大丈夫」

私の言葉にメイコは安心してくれたのか、表情が緩やかになっていく。そのまま、私はメイコを胸の前まで抱き寄せると、そっとメイコの額に優しく口づけをする。
メイコの頬がほんのりと染まっていた。

「メイコのこと、大好きよ。だから、メイコから絶対に離れないから」

メイコは上目遣いで私を見上げてくる。その可愛らしい仕草が私の胸をさらに高鳴らせていた。

「わたしもマスターのこと大好きです!
嫌でもマスターにずっとついていきますから覚悟してくださいね!」

そう言ってメイコはお返しにと私の額に口づけをしてきた。お互い、炎が出そうなくらい顔を紅く染めて見つめ合い、そして笑い合う。
やがて私達に眠気が襲ってきて、私達は手を取り合ったまま眠りについていく。額に残された熱い感触は意識が途絶えるまで消えることはなかった。

VOCALOIDと思い出話 (6/6)

「…とまあこんな感じかしら?」

ようやくメイコとの出会いを語り終えて、私は一息ついた。二人とも、メイコの意外な姿に頷くしかないようだ。

「メイコさんがとってもうらやましいです」
「…メイコさんのことを尊敬します」

ミクもルカも真剣な表情で聞いてくれて、なんだか一安心だ。そして、話終えたところでミクが不思議そうな表情で私を見つめてきていた。

「ミク、どうしたの?」
「あの、メイコさんはいつから積極的になったんですか?」

当然といえば当然といえる疑問に、私はひとつため息を吐いてしまう。それもそうだろう。今のメイコからはとても想像などつかないだろうし。
きっかけはいろいろと…初めて一緒に眠った時とかあるけれど、やっぱりあの時の出来事だったと思い出した。

「それは…、その、お互いに身も心も捧げ合った時よね。やっぱり…」

元々抱きついてくることはあったけど、あれがきっかけで更にスキンシップが過剰な感じになったような気がする。
思い出せば頭が痛くなりそうなところに、ミクが追い打ちとも言える一言を投げ掛けてきた。

「それでマスターは食べられちゃったんですか?
それとも、食べちゃったんですか?」
「…………………」

ミクから発せられた言葉に私は思わず絶句してしまう。先ほどよりも頭が痛く感じたのは気のせいだと思いたい。

「ミク、『食べた』とか教えたのは誰かしら?」
「…?メイコさんですよ」

当然といった表情で答えるミクに、私は頭を押さえてしまった。同時にふつふつとした怒りが沸き上がってくる。
相手が誰であるかは言うまでもないだろう。

「…マスター、そんなに落ち込まないでください。それとミクさん、私はマスターが食べられたに一口」
「あ ん た た ち?」

そんな私の表情に気付いていないのか、好き勝手言っている二人を叱りつけた。
なんとなく自分が晴れやかな表情をしているんじゃないかと自覚しながら、私は二人に微笑みかける。

「…冗談です」
「その、マスター…、怖いです」

私の剣幕に圧されたのか、二人は身を寄せ合いながら震えてしまっている。私は苦笑いを浮かべながら、再びため息を吐いていた。
そんな中、ルカが何かを思い付いたように口を開いてきた。

「…それでマスター。昔のメイコさんがいいと思ったりしますか?」
「そんなことないわよ。今も昔もメイコはメイコ。メイコを好きな気持ちに変わりはないもの」

ルカの質問にあっさりと答えることができた自分に、私はなんとなく驚いている。やっぱり私はメイコのことが好きなのだ。
そう思うと自然に笑みが溢れてきた。

「…すいません。マスターが楽しそうに昔話をされたものですからつい…」

ルカはしまったという表情でうなだれてしまう。しかし、私はポンと頭に手を置くと、優しく撫でながら微笑みかけた。

「気にしなくてもいいわよ。
…まあ、むやみやたらに胸を揉んできたり、お尻を触ってきたり、太ももを撫でてくるのは控えてほしいけど。
…ついでにミクもルカも」
「無理です!」
「…無理ですね」

諦めた口調で私は呟いていたけれど、やっぱりミクやルカに即答してくる。仕方なく、私は出かけた言葉を引っ込めるしかなくなってしまった。

「とりあえず、メイコのお話はこれでおしまい。さてと、お茶でも入れようかしら」

私は一息吐こうと立ち上がると戸棚を開ける。そこからお気に入りの茶葉を取り出して台所へと歩き出した。

「ただいま帰りましたー」

お湯を沸かしていると、弾んだ調子のメイコの声が聞こえてくる。ようやくメイコが帰ってきたらしい。すると、ミクとルカの二人がてきぱきと手伝いに入ってきてくれた。

「マスター、ここは任せてください」
「…早くメイコさんを迎えるといいと思います」

どうやら二人して気を使ってくれたようだ。嬉しそうに私を急かしてくるものだから、私は二人を軽く小突いて台所を後にした。

「ありがとね、二人とも。それとこの話はメイコにしちゃダメだからね?」
『…はい!』

妙に機嫌のいい二人に見送られて、私はメイコを迎えにいく。さっきまでメイコの話をしたせいか、なんとなく意識してしまい顔が赤く火照ってしまった。
玄関にいるメイコが見えた時、私は落ち着こうと大きく息を吸い込んだ。そのまま笑顔で出迎える。

「おかえりなさい、メイコ」

メイコは私の姿を見つけた途端、何も言わずに思いきり抱き締めてきた。メイコの瞳に私の表情はどのように写っていたのだろうか。
メイコの胸の中で幸せな気持ち抱えたまま私はしばらくの間、メイコに甘えることにした。









終わり

 | HOME | 

プロフィール

ねむひ

Author:ねむひ
百合スキーな社会人やってます。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


お品書き

二次系文章 (77)
正しい勉強の仕方?(QMA・ユリマラ) (6)
魔法学園へようこそ!(QMA・ギャグ) (4)
ルキアサンタがやってくる(QMA・ルキマラ) (8)
まらりやせいちょうにっし(QMA・シャロマラ) (4)
星に願いを(QMA・ユリマラ) (2)
星に願いを ふたつめ(QMA・ユリマラ) (3)
星に願いを みっつめ(QMA・ユリマラ) (3)
高村姉妹の休日(スズナリ) (5)
歌えない歌姫と不思議な感情(ボーカロイド・ミク、マスター、メイコ) (8)
恋する歌姫とネギ色リップ(ボーカロイド・ネギトロ) (5)
愛しき歌姫に捧げるコイノウタ(ボーカロイド・ネギトロ) (8)
恋しき歌姫に送るあいのうた(ボーカロイド・メイマス)※R-15閲覧注意 (6)
生まれた日に刻む幸せの鼓動(ボーカロイド・extra、ネギトロ) (5)
バレンタインにまごころを(ボーカロイド・extra、ネギトロ) (4)
キツネビトにまつわるとても優しいお話(ボーカロイド・extra、ネギトロ) (6)
創作系文章 (8)
森と月と不思議な人達 (8)
捧げ文 (10)
VOCALOIDとお留守番(ボーカロイド・メイコ、ミク、マスター) (4)
VOCALOIDと思い出話(ボーカロイド・メイマス) (6)
小ネタ(VOCALOIDとマスターさん) (8)
小ネタ(VOCALOID・extra) (10)
小ネタ(QMA) (0)
小ネタ(NOIR) (0)
小ネタ(その他) (0)
頂き物 (3)
お知らせ (3)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

来訪者数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。