FC2ブログ

空と星と私達

本格的移転開始 1/30 小ネタ(VOCALOID・extra)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

キツネビトにまつわるとても優しいお話(2/6)

とある深い森の中で、一人の少女が元気よく駆け回っている。
彼女は初音ミク。キツネビトの末裔にして一番のお転婆として評判である。彼女にとって森の中は最高の遊び場だ。
同じ年頃の友達とはよく追いかけっこをする仲である。今日も散々駆け回り、つい先ほど別れたばかりだ。
程よい疲労感が彼女を支配しているが、彼女は走り続けていた。時は夕暮れ、日もだいぶ傾いてきている。
森を抜けだした先は開かれており、とても見晴らしの良いところだ。そこから眺める夕日がミクのお気に入りである。赤みがかった太陽を眩しそうに見つめ、ミクは太陽が沈むさまをしばらく眺めていた。
こうしていると心が静まり、時折流れる風が素肌に張り付いて身体を冷ますようでとても心地よい。
深く静かな森が夜を迎え入れようと木々がざわめき始める。これ以上暗くなる前に、ミクは帰路へ着こうとその場を離れていった。
と、その前にミクは少しだけ寄り道しようと人里近い森へと向かっていく。たとえ夜が深くなろうと、この森はミクにとって庭みたいなものだ。よほどのことがない限り道に迷ったりすることはないだろう。
人里を見渡せる木のてっぺんから村の人たちの生活を覗いていく。夕焼け小焼けのわらべ歌を背景に子供たちが、仕事帰りの大人たちがそれぞれ帰路についているところだった。
人々の喧騒が心地よく耳に届いてくる。自分たちの生まれ育った集落も好きではあるが、このような外の世界もまたミクにとって羨ましいと感じてしまうものらしい。
しかし、視線を伸ばした先にある建物にミクは体を強張らせてしまう。そこには荘厳とした教会が一つそびえ立っていた。
ミクの脳裏に親から聞かされている言い伝えがよみがえってくる。それは祖先の身に起きたとても不幸な話だ。
彼らに刻まれた傷はあまりにも深く、百年近く過ぎた今でもその傷は癒えていない。何より交流を断絶して閉ざされた空間に引きこもったことが最大の要因といえるだろうが。
小さいころから聞かされたその話が、知らず知らずのうちに心のうちに根付いて恐怖となって前に進むことを躊躇わせる。
物思いにふけりながら辺りを見回せば、いよいよ一番星が瞬き始めるくらいには空が藍色に染まっていた。
そろそろ夕餉の時刻だ。今日の夕餉はなんだろうとミクは急いで駆け出し始める。辺りはすっかり暗くなっていたが、それでも大丈夫だろうと近道を通っていく。少し焦りがあったのかもしれない。
それがいけなかった。

「…っ!?」

いきなりの激痛に足が止まり、ミクは思わずしゃがみこんでいた。暗がりの中痛みが走る足の方に手を伸ばすと何やらごつい感触が伝わってきた。動物用の罠だ。
痛い、暗い、助けて…。
じわじわと血液を失っていく喪失感、急激に熱く感じてしまう傷口。それらがミクから冷静な判断力を奪わせる。半ばパニックになり、無理やり足に喰い込んだ罠を外そうと手をかけるがなかなか外れない。
痛み、焦り、声にならない悲鳴を上げてミクはうずくまっていた。すでに太陽が沈んでおり、人が現れる気配は感じられない。
誰も助けに来ないという絶望感がミクを支配する。半ば気絶するように倒れ込み、ミクは薄れていく意識の中で涙を浮かべていた。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://mistyemotion.blog102.fc2.com/tb.php/112-1c98116a

 | HOME | 

プロフィール

ねむひ

Author:ねむひ
百合スキーな社会人やってます。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


お品書き

二次系文章 (77)
正しい勉強の仕方?(QMA・ユリマラ) (6)
魔法学園へようこそ!(QMA・ギャグ) (4)
ルキアサンタがやってくる(QMA・ルキマラ) (8)
まらりやせいちょうにっし(QMA・シャロマラ) (4)
星に願いを(QMA・ユリマラ) (2)
星に願いを ふたつめ(QMA・ユリマラ) (3)
星に願いを みっつめ(QMA・ユリマラ) (3)
高村姉妹の休日(スズナリ) (5)
歌えない歌姫と不思議な感情(ボーカロイド・ミク、マスター、メイコ) (8)
恋する歌姫とネギ色リップ(ボーカロイド・ネギトロ) (5)
愛しき歌姫に捧げるコイノウタ(ボーカロイド・ネギトロ) (8)
恋しき歌姫に送るあいのうた(ボーカロイド・メイマス)※R-15閲覧注意 (6)
生まれた日に刻む幸せの鼓動(ボーカロイド・extra、ネギトロ) (5)
バレンタインにまごころを(ボーカロイド・extra、ネギトロ) (4)
キツネビトにまつわるとても優しいお話(ボーカロイド・extra、ネギトロ) (6)
創作系文章 (8)
森と月と不思議な人達 (8)
捧げ文 (10)
VOCALOIDとお留守番(ボーカロイド・メイコ、ミク、マスター) (4)
VOCALOIDと思い出話(ボーカロイド・メイマス) (6)
小ネタ(VOCALOIDとマスターさん) (8)
小ネタ(VOCALOID・extra) (10)
小ネタ(QMA) (0)
小ネタ(NOIR) (0)
小ネタ(その他) (0)
頂き物 (3)
お知らせ (3)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

来訪者数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。