FC2ブログ

空と星と私達

本格的移転開始 1/30 小ネタ(VOCALOID・extra)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小ネタ(VOCALOIDとマスターさん)※R-15注意

「あら?ミク何読んでるの?」

めずらしくミクが本に夢中になっているので、私はつい気になって声をかけてしまった。

「あ、マスター。メイコさんが面白い本があるって渡してくれたんです」

…へぇ、メイコがミクに本を読ませるなんてついに姉としての自覚ができたということかしら?
思わず感心してミクを読んでいる本をのぞいてみる。

「どれどれ…。メイコがミク勧めた本は何かしら?」

ブックカバーがかかっていたのでどんな本かはわからなかったけどチラリと見えた画からマンガということはわかった。

「まあ、メイコらしいといえばらしいわね」

私の反応にミクは興奮した様子で振り返って反論してくる。

「でもマスター。結構参考になりますよ、この本」

ミクがここまで言ってきたことに驚いて、私はじっくり見てみようとミクの後ろから覗き込んでみた。








「あの…、マスター。どうしてあたしはこうぐるぐるとすまきにされてるんでしょうか?」

メイコが帰ってくるなりしばき倒して、私は身動きが取れないようにメイコをすまきにしていた。

「あ、ひょっとして新しいやつですか?
だったら、…その、優しくしてくださいね」
「メイコ」

変に顔を紅く染めたメイコを無視して、私はできるだけ冷ややかな声で遮った。

「これは何?」

私はミクから取り上げた本を差し出すと、メイコは目をぱちくりと瞬かせる。

「ワ○ルド○ーズじゃないですか。ミクと一緒にマスターを天国に連れていくために貸しましたけど、どうかしましたか?」

まったく悪びれた様子もなく、メイコはしれっと答えてくる。

「あのねえ!ミクにはまだ早すぎるでしょうが!!」
「そうですか?」

あまりにあっさりと即答してきたので、私は思わず言葉に詰まってしまった。

「なんだかんだ言って、私もミクもマスターのことを愛してるんですよ?
だったら、ミクにもこういうことを教えないといけないじゃないですか」

メイコのまっすぐな視線に圧されて、私は言葉を紡ぎだせない。

「あ…あぅ…」

口をまごまごとさせていると、メイコはさらに畳み掛けてきた。

「マスターは変なところで真面目すぎるんです。
…だから、初めての時の想いを思い出さしてあげますね」

いつの間にかメイコは縄をほどいて、私にズイッと迫ってくる。

「…ちょ、ちょっと!メイコ!?待ちなさい!まだ心の準備が…」










「久しぶりにマスターと一緒に天国にいけてよかったです…」

いつもより肌をつやつやとさせてメイコは私と抱き合う形になっている。
…無論、二人とも生まれたままの姿で。

「……………」
「マスター、まだ怒ってます?」

メイコが上目使いで見つめてきた姿が可愛らしくて、私はただ笑っていた。

「別に…、メイコの言ってることも間違っていないしね。
でも、私はこういうことをするためにメイコやミクのマスターになったわけじゃないんだけどね…」

私のため息にメイコはクスリと微笑んでくれる。

「もちろんそれはわかっています。でも、マスター。好きになってしまったから仕方ないです。マスターと愛を育みたいんです」

気づけば私はふんわりと微笑んでいた。

「そうね、私はいずれはミクが私に望むことができればいいと思っているわ」

そして、私とメイコは見つめ合い、急におかしさがこみあげてきて思いきり笑いあっていた。

「それじゃ、マスター。ミクにいろいろと教えていいんですね?」

私は少し考えてから、出した結論をメイコに向かって告げていた。

「そうね…、あの本より変なことを教えたら、今度こそ海に沈めるからね」

この言葉にメイコは思わず苦笑いをして、了解のポーズをとる。

「わかりました、肝に命じておきます。愛しのマスター」






途中省略している内容が内容なので15歳未満の閲覧はご遠慮願います。
スポンサーサイト

Comment

[35]

08/07/30UP
11/01/30加筆修正
12/12/04再録

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://mistyemotion.blog102.fc2.com/tb.php/116-dbcffec9

 | HOME | 

プロフィール

ねむひ

Author:ねむひ
百合スキーな社会人やってます。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


お品書き

二次系文章 (77)
正しい勉強の仕方?(QMA・ユリマラ) (6)
魔法学園へようこそ!(QMA・ギャグ) (4)
ルキアサンタがやってくる(QMA・ルキマラ) (8)
まらりやせいちょうにっし(QMA・シャロマラ) (4)
星に願いを(QMA・ユリマラ) (2)
星に願いを ふたつめ(QMA・ユリマラ) (3)
星に願いを みっつめ(QMA・ユリマラ) (3)
高村姉妹の休日(スズナリ) (5)
歌えない歌姫と不思議な感情(ボーカロイド・ミク、マスター、メイコ) (8)
恋する歌姫とネギ色リップ(ボーカロイド・ネギトロ) (5)
愛しき歌姫に捧げるコイノウタ(ボーカロイド・ネギトロ) (8)
恋しき歌姫に送るあいのうた(ボーカロイド・メイマス)※R-15閲覧注意 (6)
生まれた日に刻む幸せの鼓動(ボーカロイド・extra、ネギトロ) (5)
バレンタインにまごころを(ボーカロイド・extra、ネギトロ) (4)
キツネビトにまつわるとても優しいお話(ボーカロイド・extra、ネギトロ) (6)
創作系文章 (8)
森と月と不思議な人達 (8)
捧げ文 (10)
VOCALOIDとお留守番(ボーカロイド・メイコ、ミク、マスター) (4)
VOCALOIDと思い出話(ボーカロイド・メイマス) (6)
小ネタ(VOCALOIDとマスターさん) (8)
小ネタ(VOCALOID・extra) (10)
小ネタ(QMA) (0)
小ネタ(NOIR) (0)
小ネタ(その他) (0)
頂き物 (3)
お知らせ (3)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

来訪者数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。