FC2ブログ

空と星と私達

本格的移転開始 1/30 小ネタ(VOCALOID・extra)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌えない歌姫と不思議な感情 (7/8)

初音ミクは公園のすべり台の上に腰掛けていた。ただひたすらに時が過ぎていくのを気にせずにじっとしている。
彼女自身、どうしてこんなところにいるのか理解出来ていない。別にいづるの家で過ごすのに不満があったわけではない。
いづるもメイコも自分のことを大切に扱ってくれるし、よく話しかけてくれる。どうして自分に話しかけてくれるのかは分からないが、自分の存在意義が認められたようでとてもありがたい。
ただ、日を重ねるごとに胸の奥からじんわりくる感覚がミクを苦しめていた。未知の感覚。ミクが生まれた時に必要でないとされていたものが、今やミクの大半を占めていた。
いづるやメイコと過ごす日々のことを考える度に胸が締め付けられてしまう。この苦しみから逃れようと家を飛び出したが、まったく胸のざわめきは治まる気配はない。
それどころか、胸の締め付けはますますひどくなるばかりでミクは今にも泣き出しそうな表情をしていた。

「……………」

ミクは無言で空を見上げる。自分の心を表すかのように空はどんよりと曇っていた。
やがて、ミクの頬に一粒の雫が流れ落ちていく。まだ雨は降っていない。ミクの認識ではそう捉えており、どこから雫が溢れてきたのか分からなかった。
そこへもう一粒水滴が流れ、ようやく自分自身の瞳に水が溢れていることに気がついた。ミクは涙というものを知らない。感情を抑えられて、泣くはおろか喜怒哀楽さえ知らなかったからだ。

会いたい。

戸惑い、困惑しているミクの胸の内でこのような感情がどんどんと膨らんでいく。しかし、今のミクにはどうすればいいのか分からない。そのことがミクの胸を締め付け、苦しませていた。

助けてほしい。

ふとそんなことを考えると、いづるとメイコの顔が浮かんでくる。幻でも見たんだろうか。ミクは自分の目をゴシゴシと擦りながらもう一度顔を上げてみる。

「…見つけた」

本当に幻なのだろうか。息も絶え絶えとしたいづるとメイコがそこにいる。夢であったら覚めないでほしい。そう考えるや否や、身体を締め付けられるような感覚がミクを襲っていた。

「…ミク、ミク!」

嗚咽混じりに力一杯いづるに、メイコに抱き締められて、夢ではないことを実感する。不思議と頬にまた熱いものが流れるのを感じていた。
何度も何度もミクの名前を呼ぶいづるに、胸が張り裂けそうなくらいに溢れ出すものがミクの身体を包み込み、身体を熱くさせる。

「……………マスター」

気がつけば、ミクは初めて自分の意思で声を発していた。胸の奥から込み上げてきたものを全力で声に変える。

「………メイコ」

ミクの身体から声が、涙が、感情が形となって湧き出てきて止まらない。今まで押し留めていたものが一気に溢れ出し、ミクを突き動かしていく。

「…マスター!」

今まで塞き止められていたものが決壊したかのように、ミクは二人を求めていった。二人にしがみつきながら、二人の名前を呼び続け、止まることを知らない。
二人は慈愛の笑みを浮かべながら、いつまでもミクの想いを受け止めていた。
公園中にわんわんとした泣き声が響く。そんな彼女達を表すように空からぽつぽつと雨が降ってきていた。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://mistyemotion.blog102.fc2.com/tb.php/50-82ec3875

 | HOME | 

プロフィール

ねむひ

Author:ねむひ
百合スキーな社会人やってます。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


お品書き

二次系文章 (77)
正しい勉強の仕方?(QMA・ユリマラ) (6)
魔法学園へようこそ!(QMA・ギャグ) (4)
ルキアサンタがやってくる(QMA・ルキマラ) (8)
まらりやせいちょうにっし(QMA・シャロマラ) (4)
星に願いを(QMA・ユリマラ) (2)
星に願いを ふたつめ(QMA・ユリマラ) (3)
星に願いを みっつめ(QMA・ユリマラ) (3)
高村姉妹の休日(スズナリ) (5)
歌えない歌姫と不思議な感情(ボーカロイド・ミク、マスター、メイコ) (8)
恋する歌姫とネギ色リップ(ボーカロイド・ネギトロ) (5)
愛しき歌姫に捧げるコイノウタ(ボーカロイド・ネギトロ) (8)
恋しき歌姫に送るあいのうた(ボーカロイド・メイマス)※R-15閲覧注意 (6)
生まれた日に刻む幸せの鼓動(ボーカロイド・extra、ネギトロ) (5)
バレンタインにまごころを(ボーカロイド・extra、ネギトロ) (4)
キツネビトにまつわるとても優しいお話(ボーカロイド・extra、ネギトロ) (6)
創作系文章 (8)
森と月と不思議な人達 (8)
捧げ文 (10)
VOCALOIDとお留守番(ボーカロイド・メイコ、ミク、マスター) (4)
VOCALOIDと思い出話(ボーカロイド・メイマス) (6)
小ネタ(VOCALOIDとマスターさん) (8)
小ネタ(VOCALOID・extra) (10)
小ネタ(QMA) (0)
小ネタ(NOIR) (0)
小ネタ(その他) (0)
頂き物 (3)
お知らせ (3)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

来訪者数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。