FC2ブログ

空と星と私達

本格的移転開始 1/30 小ネタ(VOCALOID・extra)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

歌えない歌姫と不思議な感情 (3/8)

「今日からここがあなたが暮らすところよ」

いづるはミクを引き連れて、玄関前に立っている。相変わらずミクは無反応のままだ。正直、いづるは戸惑っていた。アインスの家を出てからずっと話しかけていたが、ずっとこの調子なのだ。
視点の定まらないまま、ミクはただ真っ直ぐを見据えている。いづるは唇を噛み締めていた。
これが人間達の望んだボーカロイドなのか。意思を無視された人形となんら変わらないではないか。この子の体温はとても温かい。鼓動も伝わってくる。ちゃんと生きている。
それなのに、自分の意思で何かを伝えることが出来ないのはあまりにも辛すぎる。
いづるはひどくため息を吐いて玄関を開けた。メイコがいつものように出迎えてくれて少しだけいづるの気分が落ち着いていく。

「ただいま」
「おかえりなさい、マスター。その子は?」

すぐにいつもと違うことに気がついて、メイコは腰を下ろして問いかけてきた。ミクに視線を合わせて、笑顔を向けてくる。相変わらずミクは表情一つ変えない。

「この子は初音ミク…」
「可愛いっ!」

ミクを紹介しようとしていたところを皆まで言わせず、メイコはミクを思い切り抱き締めていた。突然の出来事にいづるは固まってしまう。
あまりにも急な出来事であったため、いづるはしばらく我を忘れたように呆けていた。しかし、はっと意識を取り戻すと、メイコの頬をむいっと引っ張っていた。

「あ ん た は初めて会う女の子に何してんのよ!」
「何言ってるんですか。女の子同士で挨拶する時はこうしなさいって法律があるじゃないですか」
「そんな法律、何時出来たのよ何時!?」

いづるは叫ばずにはいられなかったが、それでもメイコは自信に満ち溢れた様子で胸を張っている。

「たった今、わたしが決めました!」
「威 張 る なー!!」

これでもかと謂わんばかりに鼻を鳴らして、至極真面目に言い放つメイコにいづるは思わず頬をつねっていた。
むいっというよりぐいぐいっといった力加減にメイコは悲鳴を上げる。

「みゃふはー、ひらひ、ひらひです!」
「やかましい!とにかくミクを放しなさい!」

とにかくミクから離そうといづるはメイコの頬を縦に横にと引っ張っていく。そんな二人のやり取りをミクは視点の定まらないまま見つめていた。

「とにかく、いい加減にしなさい!」
「みゃふはー、ひらひですっへは………へ?」

二人のやり取りが最高潮に差し掛かったころ、ミクがメイコをぎゅっと抱き締めてきた。いづるとメイコは思わず間抜けな声を上げてしまい、お互いに顔を見合わせる。
驚いている二人をよそに、ミクが今度はメイコの身体をすり抜けて、いづるの身体にしがみついてきた。

『女の子同士で挨拶する時はこうしなさいって法律があるじゃないですか』

まるでメイコの言ってきたことを実行せんとばかりに。ぎゅっと抱き着くミクの仕草にメイコはふるふると震えていた。

「マスター、この子すっごく可愛いですよ!」

興奮冷めやらぬといった表情で、ミクを抱き締めると頬擦りまでしていく。よほどミクのことを気に入ったのだろう。一方でいづるはというとメイコの様子に呆れてしまい、ため息を吐かずにはいられなかった。

「落ち着きなさい。ミクはメイコの妹に当たるんだから、しっかりしなさいよね」

あくまで釘を刺すつもりで言い放ったのだが、メイコは違う意味で捉えたようだ。

「妹…ですか?それじゃこの子は家族になるんですね!?」

妹と聞いたとたんにメイコはこれまでにないくらいの喜びを全身を使って表現する。ミクは相変わらずの無表情でメイコにされるがままになっていた。
結果として想像していたのとは反対に、メイコが思い切りはしゃいでしまったが、不思議といづるの心は穏やかに落ち着いている。新しい家族が出来たということに心を躍らせていた。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://mistyemotion.blog102.fc2.com/tb.php/55-69828536

 | HOME | 

プロフィール

ねむひ

Author:ねむひ
百合スキーな社会人やってます。


最新記事


最新コメント


最新トラックバック


月別アーカイブ


お品書き

二次系文章 (77)
正しい勉強の仕方?(QMA・ユリマラ) (6)
魔法学園へようこそ!(QMA・ギャグ) (4)
ルキアサンタがやってくる(QMA・ルキマラ) (8)
まらりやせいちょうにっし(QMA・シャロマラ) (4)
星に願いを(QMA・ユリマラ) (2)
星に願いを ふたつめ(QMA・ユリマラ) (3)
星に願いを みっつめ(QMA・ユリマラ) (3)
高村姉妹の休日(スズナリ) (5)
歌えない歌姫と不思議な感情(ボーカロイド・ミク、マスター、メイコ) (8)
恋する歌姫とネギ色リップ(ボーカロイド・ネギトロ) (5)
愛しき歌姫に捧げるコイノウタ(ボーカロイド・ネギトロ) (8)
恋しき歌姫に送るあいのうた(ボーカロイド・メイマス)※R-15閲覧注意 (6)
生まれた日に刻む幸せの鼓動(ボーカロイド・extra、ネギトロ) (5)
バレンタインにまごころを(ボーカロイド・extra、ネギトロ) (4)
キツネビトにまつわるとても優しいお話(ボーカロイド・extra、ネギトロ) (6)
創作系文章 (8)
森と月と不思議な人達 (8)
捧げ文 (10)
VOCALOIDとお留守番(ボーカロイド・メイコ、ミク、マスター) (4)
VOCALOIDと思い出話(ボーカロイド・メイマス) (6)
小ネタ(VOCALOIDとマスターさん) (8)
小ネタ(VOCALOID・extra) (10)
小ネタ(QMA) (0)
小ネタ(NOIR) (0)
小ネタ(その他) (0)
頂き物 (3)
お知らせ (3)

検索フォーム


RSSリンクの表示


リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる


QRコード

QR

来訪者数


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。